思いつき版「いい女が備える条件」の記録


by shizcite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:仕事( 12 )

いい女とお酒の断り方

いい女は、お酒が苦手でも、場を盛り下げない断り方を知っている。


んま、これは男性が使っていた言葉なんだけど、強く感動したのでご紹介。


ある日、仕事のクライアントとのご苦労さん会的な飲み会があった。
その時、私は知っていた。
体も大きくて顔も発言も怖いMさんは、実は一切お酒が飲めないことを。

会が始まり、うちの会社の人からMさんがお酒を勧められている瞬間、私は凍りついた。

「げ~っ!なんてことしてくれるよの~!!」

でも、彼はさらりとこう言ってのけたんです。

「お酒は止められてるんで。。。すみません。」

って。


そうね、そうね。
大の大人が「お酒は飲めません」なんて言ったら恥ずかしいけど、これなら相手に「本当は呑める人なんだけど、今は大変なのね。」という心理作戦で、今日は飲めない=お酒が飲めないつまらない人 というイメージを払拭できるんだ。

ふ~ん。いいこと知った。

本家サイト  http://blog.livedoor.jp/lotus_shiz/ もよろしくねん♪
[PR]
by shizcite | 2005-05-06 15:16 | 仕事

転職を決意した理由

そういえば、私が転職を決意した理由のひとつに、今日遭遇した彼から言われたある言葉がある。

---------------------------------------------------



「意外とつまらなかった。もっとエキサイティングな子かと思ってたのに。」と言われたこと。

確かに、彼と付き合った頃は、「あまりギラギラ頑張り過ぎなくてよい」ことを悟り始めていた頃で、たしかに昔は十二分にあった野心が萎えていた頃。そんな言葉を言われて「確かにおっしゃるとおりでしたね。」と思う反面「くっそぉ。よくも言ってくれたな。絶対にBIGになってやる!有名になって今言った言葉を後悔させてやる!」と心に誓ったのでした。

そして、色々考えた結果、昔の会社では保守的過ぎてBIGになれる環境ではないと判断し、今のネットベンチャーへ転職。

そうなんです。私は大きな仕事をして有名になるために今の会社に入ったのでした。今日、彼に会って再確認しました。
「最近、ネットの会社に転職したの」だけでは全然彼へのリベンジにはならない。もっと大仕事をしなければ。

だから、お中元企画、BIGにBIGに成功させます☆
[PR]
by shizcite | 2005-04-07 22:27 | 仕事
と、今日強く強く思った。

-------------------------------------------------------

今日は、会社のK氏と大手通販サイトに営業に行った。商談相手は30歳前半の若手社長。堂本光一ばりの外見で頭も切れる。結構こちらもビビッてしまう相手。

そんな光一君に、K氏はめちゃくちゃアグレッシブな売上拡大の提案をし、頭の切れる光一君の質問攻めに合いながらも結局は「K氏の言ってる事は、どこまで本当でどこまでが妄想か分からないな~。でもとりあえずやってみるよ。」と言わしめて一気に2サイト分の大口契約を獲得!

言ってる事がどこまで本当でどこまでが妄想か分からないけど、K氏の提案に騙されたつもりで乗ってみたいと思わせるその話術。確かにネット業界のこと、すごく詳しくていろんなことを知っているK氏はどんな話題をふっても知っているという強者。同じ提案内容でも、相手をどこまでその気にさせることが出来るか?それが営業なんですね~ということが良く分かりました。

昨日、お中元の企画を取締役にプレゼンして、おおよそ良いけど、やるならもっとアグレッシブに行こうよ。と、自社のコストはそれなりにかけるから企画の売値を高く設定して売上を上げろと言われた。。。私的には、クライアントの懐事情と費用対効果を考えてちょうどいい価格設定が出来たつもりだったけど、彼からすると平凡すぎるらしい。。。もっとコストをかけても構わないからアグレッシブな内容にせよと。

やっぱビジネスを立ち上げる人間ともなると、平凡な売上の上げ方では収まらないみたい。でも、「コストをかけてもいいから」と取締役にじきじきに言われているのはかなり心強い。ここで私が大物になれるか凡人で終わるかどうかの分かれ目になるような気がしてならない。いっちょ頑張ってみるか。
[PR]
by shizcite | 2005-04-07 22:25 | 仕事

いい女と腕時計

いい女は、仕事中腕時計をしている。
相手の時間を尊重するために。


昔は腕時計を付けていたけど、「腕が重いから腕時計は着けない」という会社の先輩に影響されてつけなくなった。前の会社では営業職でありながら社内での仕事が多かったから特に不便は感じなかった。

転職後、1日に1件か2件クライアントを訪問するので初めは腕時計を着けていた。が1週間前にバンドがおかしくなって着けられなくなってしまった。ま、「腕時計無しでもなんとかなるだろう」という気持ちで腕時計無しの生活を再開したけど、なんだか駄目駄目人間になった気分~。

あっさり30分くらいで終わってしまう商談なら全く問題ないんだけど、ついつい白熱してしまって1時間を越えてしまうこともしばしばあった。時間を確認することが出来ていたらちゃんと1時間で収まるようにしたのに。携帯電話で時間を確認するのは失礼だと思い、時間が見えなかったばかりに。。。相手だってその後打ち合わせの時間を入れてるかもしれないし、今日中に片付けなければいけない資料作成が待ってたりするかもしれないのに。。。

ビジネスマンとして相手の貴重な時間を奪ってしまうのは大失格。
腕時計を着けていないのは、筆記用具を持たないで商談に向かうのと同じ。

「重いから」なんて言ってる場合じゃないんです。
腕時計は単なるアクセサリーじゃないんです。


↓いい女塾コンテスト1票お願いします☆

[PR]
by shizcite | 2005-03-11 00:06 | 仕事

いい女ときれいな字

いい女は美しい字を書く。

昨日時間つぶしで入った本屋でこんな本を買ってしまった。

ここさえ知れば字は必ずきれいになる

文字を美しく書くにはポイントがある。それさえ知っていればどんな字を書くときにも応用が効く。読めば良いから電車の中でも勉強できる。

日ペン美子ちゃんは受講料2万円以上もするの。だったらこの本を読んで安くあげちゃお。

そして何よりもこの本を読んで、美しい文字を書くためのコツを読んでしまったら。。。やっぱりその点は気をつけて字を書くようになっちゃいますよね。きゃ~。毎日ぐんぐん字がきれいになってきちゃったらどうしよ☆
[PR]
by shizcite | 2005-02-18 22:13 | 仕事

いい女と松永真理

いい女は松永真理の仕事感を知っている。

iモードの生みの親といわれる松永真理さんのiモード事件を読んだのはかれこれ5年ほど前。そこで働く全ての人に捧げたい言葉に出会いました。

松永真理さんのリクルートでの目覚しい活躍とiモードの驚異的ヒット。それからバンダイの取締役やら各種経済なんちゃらまで。。。なんて輝かしい経歴の持ち主なんでしょう。きっと強運なのね。なんてため息をついている人たちに捧げます。

松永さんはいつもトレンドを察知してご活躍されてますね?って感じの言葉に対して

「ワタシは、自ら進んで陽のあたるところを選んできたわけではないのよ。自分のいる場所を陽のあたるところに変えてきたの。

はぁ。御見それしました!

久しぶりにiモード以前という松永真理さんの本を読んで、ひとりで編集を命ぜられた就職ジャーナル時代。リクルート事件のさなか編集長をしていたとらばーゆを競合雑誌の発刊もものすごいエネルギーで対抗して乗り越えたことなど。彼女は最初から恵まれた土壌を与えられていたわけじゃない。だけど、どんな場合でも成功を遂げている。出世も同期中下から2番目だったそう。

自分の今のポジションを嘆いて見る前に、自分のいる場所を陽のあたる場所に変えてみよ!
[PR]
by shizcite | 2005-02-07 23:05 | 仕事
いい女は、打ち合わせのときにお気に入りのスケジュール手帳を持っている。

打ち合わせのとき、センスの良いペンをもっているのはもちろん、手帳も選び抜かれたセンス抜群のものだったりしたらそれだけで尊敬しちゃう。

カルティエのボールペンとRussetの革のスケジュール手帳(写真右上の正方形のもの)、1万円ちょいするけど、持って商談したらかっこいいんだろうな~。1年間いい女気分で楽しく仕事が出来るなら高くないかな?買っちゃおうかな。

いい女は、とりあえず形から。
[PR]
by shizcite | 2004-12-26 21:58 | 仕事

いい女と退職日

 いい女の退職日は余裕を持って過ごす。

 今日、4年半努めた会社を退職しました。パソコンの中身や資料の整理は週末に終わっていてほとんど仕事はないはずだったんだけど、なんだか時間配分が上手くいかなくって、最近付き合いの無かったクライアントへのメールご挨拶が18:00を過ぎてしまったり、自分の退社時刻が20:00で退職日で一番最後に退社するのは忍びないと思った上司が待っててくれたり。。。一番やりたくなかったパターン。きちんと18:00には皆に見送られて帰りたかった。。。

 退社日って、ほんとうに余裕を持って迎えたいもの。なんかね、やるべき仕事がひとつも思いつかないくらいがちょうどいい。ホント、退職日ってなんか時間が過ぎてしまうものです。

 いい女は、たつとり後を濁さず。
[PR]
by shizcite | 2004-12-15 23:32 | 仕事

いい女とご挨拶

いい女は、ご挨拶のタイミングを逃さない。

ここのところ、退職のご挨拶にほうぼうを回ることが多かった。ただ、業務が忙しく(ってか休みを取りたいだけ)メール・電話・対面を含めてご挨拶をするタイミングが遅くなってしまった。しようしようと思っていても日々の業務が終わった頃には「明日でいっか。。。」と。そして伸ばし伸ばしにしていくと噂が先行してしまったりで余計いいずらかったり。。。と思ってさらに先延ばしにしてしまったり。。。悪循環。

よく飲み会の後に、有難うメールなんかが来たりする。それって優先順位が低いと思っていつも後回し。すぐに出せば簡単な文章で済むのに時間が経っちゃったからそれなりにきちんとした文書を書かなきゃいけないというプレッシャー。んで、さらに返信を書くのがめんどくさくなってくる。。。悪循環。


いい女は、ご挨拶のタイミングを逃さない。出来ればご挨拶系のプライベートメールは即時おそくとも当日中に返信しておきたい。
[PR]
by shizcite | 2004-12-10 01:40 | 仕事

いい女と勝負手土産

いい女は、TPOに応じた勝負手土産をもっている。

今年一年お世話になった方へのご挨拶、招待に預かったお家に持っていくお土産、さらに若者向け、年配向け。。。TOPに合わせた勝負手土産を知っている。

■ 若者向け味重視の職場へ小分け系手土産は Franzの半熟チーズケーキ
■ 彼のご両親向け手土産は 霧の森大福
[PR]
by shizcite | 2004-12-03 01:17 | 仕事