思いつき版「いい女が備える条件」の記録


by shizcite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いい女と心のリセット

いい女は心のリセットの仕方を知っている。

この3連休、彼との間にトラブルがあったものの修復し、新しく2人の関係を再出発させていこうということになった。
心のリセットの意味を込めて2膳のお箸を買った。これからずっとこのお箸を一緒に使っていこうという意味を込めて。

銀座夏野  http://www.e-ohashi.com/
[PR]
# by shizcite | 2005-03-22 00:39 | 恋愛

いい女と結婚観

いい女とパートナー選びのコツを心得ている


女27歳、結婚は「人生で一番好きな人とするもの」ではないことが分かってきた。
じゃ、何で結婚しちゃうの?ということを真剣に言葉にして考えてひとつの結論に達した。


結婚は若いときの遊びを一通り経験した後の、もうワンランク上の娯楽である。と。


小学生が終わったら中学生という新しいフィールドが待ってるように学生が終わったら就職が待ってるように人生80年、なんらかの生活の変化をつけていかなければいけない。でも、学生のうちはいやがおうでも卒業が待ってるけど一度社会に出てしまったら自分で何かをしなければず~っと同じ生活のまま。会社では出世を目指して働き、出世を気にしない人はプライベートの充実を試みる。

現に会社に入って一通り仕事を覚えたらフラメンコを始めた。茶道を始めた。その後一人暮らしを始めた。さらに仕事を変えた。  もう物足りない。次のステップは?

合コンだってお稽古だってデートだって一通り遊んでしまえば新しい遊び・新しい刺激っていってもねぇ。もう、ないんですよ。

そこで、あ!もういっこあった!っていうのが結婚生活&育児生活!

仕事も慣れてきて遊びも一通りやりつくしちゃったあと、次に待っているのがコレ!

だから結婚する。

だとしたらパートナーは、どれだけ愛しているか(ってことも重要だけど)よりもこの人生ゲームを一緒に楽しめるか?敗北した時でも質素に暮らしていけるか?ってことだ重要だと思う。一緒に結婚生活・育児生活というフィールドでの戦友。

もう、好きな人なんて簡単に出来ない。。。と嘆いている負け犬予備軍の皆さん、こんな結婚観はどうですか?ドライすぎかしら?

↓いい女塾コンテスト1票お願いします☆

[PR]
# by shizcite | 2005-03-12 11:49 | 恋愛

いい女とお香

いい女の和服姿は、お香の香りをしっとりと漂わせている。

昨日、会社の近くで訪問着を着た女性とすれ違った。お香の香りがふわっとした。

洋服では絶対味わえない香り。それだけでいい女度150%UP!!

まあ、めちゃくちゃカジュアルな洋服にお香は似合わないから、スーツで正装をした時なんかでも、香水の香りでないふわっとした香りを漂わせることが出来たら、なんかワンランクUPしたような気分で手つきや態度まで変わっちゃうかも!?

お香を身につける。。。香道といいます。

↓いい女塾コンテスト1票お願いします☆

[PR]
# by shizcite | 2005-03-12 02:30 |

いい女と腕時計

いい女は、仕事中腕時計をしている。
相手の時間を尊重するために。


昔は腕時計を付けていたけど、「腕が重いから腕時計は着けない」という会社の先輩に影響されてつけなくなった。前の会社では営業職でありながら社内での仕事が多かったから特に不便は感じなかった。

転職後、1日に1件か2件クライアントを訪問するので初めは腕時計を着けていた。が1週間前にバンドがおかしくなって着けられなくなってしまった。ま、「腕時計無しでもなんとかなるだろう」という気持ちで腕時計無しの生活を再開したけど、なんだか駄目駄目人間になった気分~。

あっさり30分くらいで終わってしまう商談なら全く問題ないんだけど、ついつい白熱してしまって1時間を越えてしまうこともしばしばあった。時間を確認することが出来ていたらちゃんと1時間で収まるようにしたのに。携帯電話で時間を確認するのは失礼だと思い、時間が見えなかったばかりに。。。相手だってその後打ち合わせの時間を入れてるかもしれないし、今日中に片付けなければいけない資料作成が待ってたりするかもしれないのに。。。

ビジネスマンとして相手の貴重な時間を奪ってしまうのは大失格。
腕時計を着けていないのは、筆記用具を持たないで商談に向かうのと同じ。

「重いから」なんて言ってる場合じゃないんです。
腕時計は単なるアクセサリーじゃないんです。


↓いい女塾コンテスト1票お願いします☆

[PR]
# by shizcite | 2005-03-11 00:06 | 仕事
今日、化け犬.jpで29歳のRED&BLACKな生活さんのブログを読んだら いい女塾コンテストというとっても面白い企画を発見しました。投票期間は3月1日~14日までの2週間で超短期間なんだけど、沢山のいい女が発見できそうで楽しみです。

Shizciteも今日から参戦です。いい女の条件読者の皆様、是非是非投票をお願いします☆

↓一票押してやってください

[PR]
# by shizcite | 2005-03-10 23:38 | 遊び

いい女と本屋

いい女は毎週本屋に行く。

昨日ふらっと入った本屋さんでこんなキャッチコピーがありました。

「毎週本屋に行く人は、必ず何か出来る人」

う~ん、かなり本屋の勝手な言い分のような雰囲気が流れてるけど
でも妙に納得する気がする。

毎週、新しいコトや自分の興味があることにアンテナを張り巡らしている。
それだけで、日々の意識の持ち方が違う気がする。

とりあえず一番行きやすい本屋を決めてみよう。&毎週行ってみよう!
[PR]
# by shizcite | 2005-03-04 01:10

いい女ときれいな字

いい女は美しい字を書く。

昨日時間つぶしで入った本屋でこんな本を買ってしまった。

ここさえ知れば字は必ずきれいになる

文字を美しく書くにはポイントがある。それさえ知っていればどんな字を書くときにも応用が効く。読めば良いから電車の中でも勉強できる。

日ペン美子ちゃんは受講料2万円以上もするの。だったらこの本を読んで安くあげちゃお。

そして何よりもこの本を読んで、美しい文字を書くためのコツを読んでしまったら。。。やっぱりその点は気をつけて字を書くようになっちゃいますよね。きゃ~。毎日ぐんぐん字がきれいになってきちゃったらどうしよ☆
[PR]
# by shizcite | 2005-02-18 22:13 | 仕事
いい女は、肌の内側から元気である。

この冬からお肌の曲がり角になったらしく、お肌がしっとりする化粧品をいろいろ試している。そこで、いつかの新聞に出てたのかな?大塚製薬が出しているインナーシグナル

なんだか詳しいことは分からないけど、肌の細胞に働きかけて内側から活性化するとかなんとかそんな感じな様子。

肌の内側に働きかけるということと、製薬会社が作っている化粧品ってことで2000円のサンプルキッドを購入。

一番効果のある美容液は1本1万円とメチャクチャ高いんだけど、肌の質が変わってきてしまった目の下のくまのあたりに塗ってみると、なんだか普通の肌に近づいてきたような。

起きた後の肌もはんだかぴちぴちしていていい感じ。かなり好きです。
[PR]
# by shizcite | 2005-02-16 23:06 | 美容

いい女と家計簿

いい女は、自分の収支をよくわきまえている。

いい女は、どんなに素敵なお洋服を着ていても、どんなにお洒落なお店で御飯を食べても家計があっぷあっぷじゃかっこ悪いよね。

今はクレジットカードも使えるから気がついたらカードでバンバン支払いをして翌月カードの引き落としが終わったら生活費が全然なかった。。。なんてことになったらかっこ悪いし、そんな余裕の無さは外見にも表れてきちゃうよね。

でも、どうしたらいいの?っていうひとへ
オンライン家計簿がオススメ。http://www.my-fp.com/kkb/index.htm

月の項目ごとの予算と日々の出費を入力していくと、今月ある項目であといくら使えるのかが確認できたりとか、あらかじめ出費の予定を入力しておけば今月はあといくら遊べるお金があるのかが分かるようになるの。

家計簿をつけていくとむやみに節約をするんじゃなくて、絶対削れない項目がだんだん見えてくるから、めりはりのあるお金遣いができるようになるわよん♪
[PR]
# by shizcite | 2005-02-09 22:01 |

いい女と松永真理

いい女は松永真理の仕事感を知っている。

iモードの生みの親といわれる松永真理さんのiモード事件を読んだのはかれこれ5年ほど前。そこで働く全ての人に捧げたい言葉に出会いました。

松永真理さんのリクルートでの目覚しい活躍とiモードの驚異的ヒット。それからバンダイの取締役やら各種経済なんちゃらまで。。。なんて輝かしい経歴の持ち主なんでしょう。きっと強運なのね。なんてため息をついている人たちに捧げます。

松永さんはいつもトレンドを察知してご活躍されてますね?って感じの言葉に対して

「ワタシは、自ら進んで陽のあたるところを選んできたわけではないのよ。自分のいる場所を陽のあたるところに変えてきたの。

はぁ。御見それしました!

久しぶりにiモード以前という松永真理さんの本を読んで、ひとりで編集を命ぜられた就職ジャーナル時代。リクルート事件のさなか編集長をしていたとらばーゆを競合雑誌の発刊もものすごいエネルギーで対抗して乗り越えたことなど。彼女は最初から恵まれた土壌を与えられていたわけじゃない。だけど、どんな場合でも成功を遂げている。出世も同期中下から2番目だったそう。

自分の今のポジションを嘆いて見る前に、自分のいる場所を陽のあたる場所に変えてみよ!
[PR]
# by shizcite | 2005-02-07 23:05 | 仕事